安くて便利な引越し業者&見積もりランキング

HOME’S引越し見積もり
引越し料金

賃貸情報大手のHOME'Sだから安心見積もり!
HOME'S限定の割引きや特典もあり!
無料見積りで最大50%割引き!

引越し価格ガイド

簡単一発入力で、最大7社の見積りが届きます!
きっと自分に合った引越会社さんがみつかりますよ。
無料見積りで最大50%値引き!

引越し達人セレクト

わずか3分
、ご利用無料で、複数の引越し会社に一括見積もり依頼できて
引越し料金が最大55%割引になるサービスをご紹介させていただきます
85%のお客様が引越し達人セレクトを利用して満足しています

引越し見積もりサイト「タダゾウ」

無料一括見積もりに加え、業界初の個人情報を伏せた上で、引越業者担当者とチャットでやり取りが出来る!
引越し先の必需品当時申込で、引越し代金を無料に出来ます!
安心の大手業者に訪問見積もりを“無料”で一括依頼!
キャッシュバックお得なキャンペーンあり!

単身パック一番安いガイド

「引越の準備 -引越までに時間のゆとりがある場合ー」
まずはしなければならないことを箇条書きにすることから始めます。
物の移動に関することと、届け出に関することに分け、この2枚は引越が完了するまでなくさないように気をつけます。
ここまでは引越までにあまり時間がなくても必須だと思います。
梱包について、引越業者に依頼する場合は、入れるものの大きさや形に応じて必要な段ボールを用意してくれたり専用ボックスをレンタルできたりします。
この段ボール、引越用なので頑丈で良いのですが勿論タダではありません。特別に高額なものではありませんが少しでも費用を節約したいと思ったら
近所のスーパーやコンビニ等でキレイ目なものをわけてもらうとか、言い出しにくければ買い物のたびに商品持ち帰りに使うふりをして、段ボールに入れるほどの量の商品を購入していなくても、あえて段ボールに入れてきて引越に用います。(引越までに時間のゆとりがないと無理ですが…)
そして梱包しながら普段はなかなか捨てられないものなどをどんどん捨てます。引越は断捨離とまではいかなくても不要品を処分する良い機会です。
自分で梱包すれば整理もできて梱包作業費も浮き、一石二鳥です。
必要なくなったものをひとまとめにしたらリサイクル業者に依頼して買い取ってもらったり、欲しい方に見に来てもらい譲ることができれば廃棄費用の節約になりますし、物が減れば引越先での荷ほどきも楽になります。
この時、物を減らしたいということに意識が行き過ぎて、本当に欲しいのか微妙な相手に無理に押し付けることになってしまわないよう注意が必要です。
それから賃貸物件だった場合、経年劣化では済まないレベルの傷や汚れをチェックします。
クロスの剥がれや傷、床のへこみなど、大したことがないものだと応処置程度の補修を施したまま(もしくはなにもしないまま)日々の生活に追われ放置しっぱなしということも有り得ます。
プロに依頼するのは大家さんや不動産屋さんにお任せするとして、現在はホームセンターや100均などにも補修キットが売っていて、きちんとやれば意外とキレイになります。
少しでも傷や汚れをキレイにすることで、補修のプロではない貸主に言い渡される退去時の補修見積額が下がってくる場合があります。
補修にかかった費用を後から請求されることもあるのかもしれませんが、少なくとも我が家はこれで夫の不注意で壁に開いた穴を、1軒目は抑えてもらい2軒目は免れました。
大家さんや不動産屋さんも人の子です。キレイにする気もない、反省もない、もう住まないのだから関係ないといった態度をとってしまえば実費を請求したくもなるものです。
そして引越先に赴ける状況であるなら、引越先の部屋の採寸が大事になります。
単身の方なら単身パック一番安いガイドを利用して引っ越し業者を選びましょう。
持っていく家具の配置等をあらかじめ決めておかないと、速やかな荷物の搬入の妨げになります。
プロの方に依頼した場合は特に、次々と荷物が運び込まれ「これどこに置きますかー」の声がひっきりなしにかかり、対応しきれないと業者の方に「ここに置いたらいいんじゃない?」なんて勝手に決められちゃったりすることもあります。サクサク進めないと仕事が終わりませんからね。
友人知人が手伝いに来てくれている場合は、そこでもたつくと士気が下がります。
人数が多いとそこかしこで雑談などが始まってしまい、どんどん作業が遅れて、自分も手伝ってくれた方もイライラしてしまいます。
そんなことを避けるためにもシュミレーションは本当に大切です。
お世話になった家とこれからお世話になる家の両方に様々な注意を払わなければならない引越は大仕事ではありますが、遺恨を残すことがあればその先の生活にも響いてくるので、気持ちよく大イベントを終えられるように気を配りたいものです。

タップは手荷物に入れるのがおすすめ

引越してすぐに必要になるのはタップです。荷物をほどく前にさっと掃除機をかけたり、携帯電話の充電をしたりするのに、コンセントの差し込み口はいくらあっても足りません。なので、タップはすぐに取り出せるように、タップは荷物の一番上に置いておきましょう。タップを入れた段ボールに目印をつけておくとよいです。可能なら、手荷物の中に入れておくとよいです。さっと取り出せて便利です。タップと一緒に携帯電話やスマートフォンの充電器も持っておくとよいです。引越し先では、近くのお店を調べたり、交通機関の時刻表を調べたりと普段よりも携帯電話やスマートフォンを使う機会が多いので、電池が切れたらすぐに充電できるようにしておくのがおすすめです。
単身パック一番安いガイド

関連記事はこちら: